子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

新しいジュニアシートを購入した話

スポンサーリンク

先日、4歳の長男の為に新しくジュニアシートを購入しました。

f:id:copucohana:20190312221040j:plain

自分よりも大きな箱に、娘も興味津々。

 

今回購入したのは、タカタ社製のtakata312-ifix juniorと言うモデルです。

f:id:copucohana:20190312221102j:plain

思っていたよりスリムでいい感じ!

 

我が家のフリードプラス(FREED+)には、すでにチャイルドシート1台とジュニアシート1台が設置済みです。

 

そして現在っ使っているジュニアシートも、娘(現在2歳)が産まれた時に長男の為に買ったものなのですが、なぜ今回またジュニアシートを買う事にしたのかを書いていきたいと思います。

 

チャイルドシートの取り付け方法には大きな違いが!

 現在使っているチャイルドシートとジュニアシートでは取り付け方法が異なります。

 

現在長男が使っているジュニアシートは、よくある車のシートベルトで固定するタイプ。

一方、娘が使っているチャイルドシート(←お兄ちゃんのおさがり)は、国際基準のISOFIXと呼ばれる機能を利用してチャイルドシートを固定するタイプになります。

 

使っているチャイルドシートやISOFIXの詳しい話はコチラ↓

www.kuruma-days.com

上の記事でも書いていますが、とにかくこのISOFIX対応のチャイルドシートの安心感が凄いんです。

 

ISOFIXタイプの取り付けは、元々車に設置されている金具(バー)にチャイルドシートのコネクターをガチャン!っと差し込んで固定するので、誰でも簡単に、そしてしっかりとチャイルドシートを取り付ける事が出来るのです。

f:id:copucohana:20190312221159j:plain

↑この爪が車側のバーをガッチリと掴むのです。
 

最初にISOFIX対応モデルの凄さを体感していただけに、追加でジュニアシートを購入しようと思った時にも、もちろんISOFIX対応モデルしかない!と思っていたのですが、探していた当時は2歳から使えるISOFIX対応のジュニアシートのラインナップがなかったんですよね。

 

それで仕方なく、今のシートベルト固定タイプのジュニアシートを選んだ訳ですが、ここに来て大きな問題にぶち当たりました。

 

現在使っているジュニアシートは、2歳頃から11歳頃まで使えるタイプになります。

長い間使用するので、子供の成長に合わせて、ベルトの位置などを調整できるようになっているのですが、最近チャイルドシートに付属しているシートベルトを最大の位置に調整してもキツくなってしまったのです。

 

最終的にはジュニアシートがシートベルトで固定すらされない

それでこれ以上子供が大きくなったらどうするんだろう?と思い、説明書を引っ張り出して読んでみると、「ジュニアシートのシートベルトは外して、車のシートベルトを使用して下さい」とありました。

 

子供の首の位置にシートベルトが来ないように、ジュニアシートにシートベルトを通す穴などもあるので、取り付け自体は問題なさそう。

 

だけど、それってジュニアシートは何にも固定されていないって事ですよね?

 

万が一事故に遭った場合、ジュニアシートの重量まで子供が受け止めないといけない訳ですよね。

 

以前の記事でも書きましたが、時速40kmで衝突した場合、体重の30倍程度の衝撃が身体には掛かるらしいので、ジュニアシートの重量がそれに加わると思うと恐ろしい限りです。

 

そんな訳で、今回改めてISOFIX対応モデルのジュニアシートを買う事にしたのです。

 車で頻繁にお出掛けするだけに、子供も安全にそして快適でいて欲しいですからね。

 

ちなみに、今2歳の娘が使っているチャイルドシートは、4歳ぐらいまでした使えないモデルなので、2年後にもう一台追加で購入する事になりそうです。

 

長男がもう少し大きくなったら、もっと簡易的なシートを買って、今回購入したジュニアシートを妹に譲ると言う手もあるのですが、いつもお兄ちゃんのお古ばかりで、なんだか可哀想ですからね。

 

2年前は、2才が座れるジュニアシートでISOFIX対応モデルは発売されていませんでしたが、現在は売られているようです。

アップリカ