子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

ショッピングセンターで当て逃げ被害

スポンサーリンク

実は昨日、ショッピングセンターの駐車場で「当て逃げ」の被害に遭ってしまいました。

フリードに乗ってもうすぐ1年、これまで事故やかすり傷を作ることもなく乗ってきたのに、まさか当て逃げで傷をつけられるとは(怒)

この怒りは一体どこへぶつければいいんだ!とやり場のない怒りでいっぱいですが、とりあえずここに記録として残しておきたいと思います。

 

 

当て逃げの経緯

ショッピングセンターの駐車場に車を停めていたのは2時間半ほど。

 

買い物を済ませて車に戻った時は、特に異変に気づかなかったのですが、いざ発車し、駐車場内を走り、ふと助手席側のドアミラーを見ると、何故かドアミラーが畳まれたままの状態でした。

最初は誤作動かな?と思っていたのですが、見るからに角度がいつもとおかしい。
しかもカバーが外れかかっている!?

そこで初めて当て逃げにあった事に気付いたのです。

 

動かないミラーが気になり、何回か開閉ボタンを操作していると、なんとミラーのカバー部分が地面に落下!

 

慌ててカバーを拾い、ミラーの状態を確認してみると、明らかに強い衝撃による傷が残っていました。

幸い割れてはいなかったので、再びカバーを押し込むとなんとか収まったのですが、ツメの部分が破損したのか、ピッタリとはまらなくなってしまいました。

 

それに落下の衝撃のせいで、所々塗装が剥げ、傷もついてしまっています。

 

急いでもう一度車を停めていた場所に戻り、両隣の車を確認してみたのですが、目立った痕跡はありませんでした。

恐らく犯人は、自分が当てた事を分かった上で、急いで立ち去ったものだと思われます。

 

ショッピングモールで車を当て逃げされた時の対処法

多くの場合、当て逃げは泣き寝入りするしかないようなのですが、今回車を当てられた場所はショッピングモールの駐車場。

ショッピングモールの場合、駐車場にも防犯カメラが設置されている可能性は高いです。

帰宅後、直ぐにショッピングセンターの総合受付に電話をして、当て逃げをされた経緯を説明し、防犯カメラの有無を尋ねた所、防犯カメラは設置されているとのことでしたが、警察からの依頼が無いと開示はされないとのことでした。

 

警察への被害届提出

それならばという事で、続いて警察に連絡すると、再びショッピングモールで待ち合わせて現場検証を行うことになりました。
当て逃げに気づいた時は、子供達二人を乗せていたので、とりあえず帰宅しましたが、当て逃げに気づいた場合は、その場でまず警察に連絡するべきだと思いました。

一度帰宅してしまうと、検証の為、再度現場に戻る必要がありますし、当て逃げの場合、僅かではありますが後から加害者が名乗り出て来る場合もあるようですが(良心の呵責により?)、その時に被害届を出していないと、せっかく加害者が見つかっても、被害者が探せなくなってしまいます。

また現地まで警察官に来てもらう事で、その光景をもしも遠くから犯人が見ていたら、自ら名乗り出てくる可能性もあるかもしれません。


保険会社へ連絡

警察より、保険を使う使わないに関わらず、保険会社へも連絡するように言われたので、保険会社へ連絡。

一通り事故の経緯などを説明すると、保険の適用範囲について説明がありました。

 

私の場合、車両保険に加入しているので、保険での修理が可能となるようですが、もし保険を使った場合、等級が3つ下がってしまうらしく、なんと3年間で約8万円ほど保険料が高くなってしまうとのことでした。

 

今回はディーラーで修理を頼んだとしても、8万円まではかからないキズだと思われるので、保険は使わないと思います。

 

しかし保険加入者の私が当て逃げの被害に遭ったのに、保険を使う使わないに関わらず、結局自己負担となってしまうのは納得いかないですね。

今回、初めて車両保険に加入してみましたが、被害が小さい場合は、あまり訳に立たないなあという感想です。

もちろんもっと被害が大きければ、保険に入っておいて良かったと思うかも知れませんが。。

 

免許を取って20年以上になりますが、当て逃げされたのは今回が初めてです。

 

おそらく今回犯人を見つけることは難しいと思うのですが、人の車を傷つけておいて、そのまま逃げてしまうような輩には、せめてしばらくの間、心を痛めながら過ごして欲しいものです。(そんなことはすっかり忘れている可能性大ですが・・)