子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

ホンダの新型フリードを見に行って来ました

スポンサーリンク

※本記事は旧ブログからの移行記事になります。

先日、勉強の合間を縫って、ホンダの新型フリードを見に行ってきました。
(本当にちゃんと勉強していたんですかねこの人・・・)

以前ライバルであるトヨタのシエンタは見に行ったので、フリードも是非見ておきたいと思っていました。

フリードはコンパクトサイズのミニバンでは、大変人気のある車で、先代はデザインも格好良くて、新型シエンタが出るまでは、フリードの一人勝ち状態だったようです。

その新型が出たとあっては、一度見ておくべきでしょう。

 

フリードは7人乗り仕様と5人乗り仕様のフリード+(プラス)の二つのボディータイプに分かれています。

我が家では7人乗りは必要ないので、5人乗りのフリードプラスを見てみました。

フリードプラスは3列目のシートが無い分、広いラゲッジスペースが魅力の車となっています。

f:id:copucohana:20170313084605j:plain



さらに車の床面ギリギリまで荷物が積めるようになっており、このサイズの車にしては、想像以上に多くの荷物が積み込めそうです。

室内も大人二人、子供二人ぐらいであれば、十分な広さがあります。

f:id:copucohana:20170313084624j:plain



さらに1.5Lのガソリン車でも、130馬力を発生するエンジンは、たくさんの荷物を積んでもしっかりと走ってくれそうです。

正直言って、我が家の家族構成であれば、まったく問題なくキャンプにも行けそうです。

以前見に行ったトヨタのシエンタに比べても、断然使い勝手が良さそうな印象でした。

デザインに関しては、FITを引き延ばしたようなデザインで、先代フリードの方が個人的には好きでしたが、機能的には確実に先代に比べても進歩していました。

今まで見に行ったミニバンに比べても、サイズも値段も手頃で、非常に良い車だと感じました。


これで見てみたかった車は全部見たことになるので、ひとまずディーラー巡りは止めて、どの車に決めるかしばらくじっくり考えてみたいと思います。