子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

トヨタVOXY(ヴォクシー)FFと4WDモデルの見積り比較

スポンサーリンク

続いて、トヨタヴォクシーの見積額について書いていきます。

ディーラーに訪問したのは、2月末。

決算次期でもあるので、前回同様の大幅値引きに期待です。

それと今回、車の購入で最大の悩みのタネになっている、4WDを選ぶかどうかについても、営業マンと色々相談していい加減に決着をつけたいと思っています。

トヨタのディーラーへ行くのは1年ぶり。

今回はヴォクシーで以下の三種類の見積もりをお願いしてみました。

VOXY 3種 車両本体価格

  1. Xグレード FFモデル 車両本体価格 248万円
  2. Xグレード 4WDモデル 車両本体価格 268万円
  3. 特別仕様車 ZS煌Ⅱ FFモデル 車両本体価格 283万円

(1万円以下は省略しています)

全てガソリン車で、ナビなどのオプションも最低限の内容で見積もりをお願いしました。

まずは値引きなど何も入っていない見積もりが三種類出て来ました。

VOXY 3種 支払総額

  1. Xグレード FFモデル 支払総額 303万円          
  2. Xグレード 4WDモデル 支払総額 324万円 
  3. 特別仕様車 ZS煌Ⅱ FFモデル支払総額 325万円 

ご覧の通り、Xグレードの4WDとほぼ同じ値段で、最上級グレードのZS煌Ⅱが買えてしまいます。

1万円の差なら、最上級グレードのZS煌Ⅱが欲しいな・・・

ただ同価格になってしまっているのには理由もあって、営業マンがお勧めのメーカーオプションを気を利かせて勝手に追加してくれていたのです。

特に高額なのが以下の2つ。

・ TOYOTA SAFETY SENSE C(衝突回避支援システム) 54,000円
・ 運転席側電動スライドドア 59,400円

この2つを省くだけで、10万円以上安くすることが出来ます。

ただ、Xグレードはホイールがアルミじゃなかったり、装備が少し物足りない感じなので、価格差を考えると特別仕様車のZS煌Ⅱを買った方がお得だと感じました。

営業マンの話では、特別仕様車のZS煌Ⅱを買えば、選べるメーカーオプションはスペアタイヤとカーテンエアバッグ(と寒冷地仕様)しかないのだそうです。

それだけ装備が全部てんこ盛りになっているので、メーカーオプションで悩む事もなさそうです。

ただ、特別仕様車のZS煌Ⅱの4WDモデルを選ぶと、さすがに少々予算オーバーな気もします。

そこで営業マンに、一番気になっている4WDを選ぶべきかどうかを相談してみました。

4WDを選ぶべきか

営業マンから言われた言葉はこちら。

「今時の車は、法律で『横滑り防止機能』を付ける事が義務付けられているので、以前の車に比べると雪道などにも強くなっています。

もちろん4WDに比べれば雪には弱いですが、もしも4WDでないとたどり着けないような雪深い所であれば、そもそもヴォクシーでは行けません。

それに、お子さんも小さいので、そんなに山奥のスキー場に行くことも少ないのではないでしょうか。」

この言葉に妙に納得してしまいました。

確かに子供もまだ小さいし(0才と2才)、4WDじゃないと行けないような山奥のキャンプ場やスキー場には行くべきではないと思いました。

それに一番気に入っている『道志の森キャンプ場』にも、ミニバンで来ている人も多くいます。

ということで、散々4WD性能で悩みましたが、今回は4WDにこだわらないことを決めました。

よく考ええたら、今までFF車には乗ったことがありません。

一度FF車も経験してみて、それでやっぱり4WDじゃないとダメだと思えば、次また4WDを買えば良いし、FF車でも大丈夫だと思えれば、次回以降も車が安く買える訳ですもんね。

そんな訳で、今回のヴォクシーの商談では、『特別仕様車のZS煌Ⅱ FFモデル』に絞って交渉をしてみたいと思います。

最終的な見積金額の話はまた次回。