子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

候補から外れた車たち | SUV編

スポンサーリンク

前回に引続き、今回残念ながら候補から外れた車たちの第二回。

今回はSUV編になります。

SUVで実際に見に行った車種は、日産のエクストレイルとスバルのフォレスターです。

今回はこの二台について、良かった点と個人的にイマイチだった点を書いてみたいと思います。

 

 

日産 エクストレイル

良い点

・防水使用でアウトドアでもガンガン使えそうなシートやラゲッジスペース
・SUVならではの4WD性能

イマイチな点

・先代に比べて全体的に丸みを帯びたデザインで、積載能力が減った気がする
・内装なども先代に比べて高級感は増したが、その分道具としての使い勝手が悪くなった

実は今乗っているインプレッサの前に、初代エクストレイルに乗っていたことがあり、とても気に入っていたエクストレイルですが、新型は外観デザインも大幅に変更されていたり、内装も高級感が増していましたが、どちらかと言うとエクストレイルの内装は少し安っぽいぐらいにしておいてくれた方が、気兼ねなく使えて良いと思いました。

初代エクストレイルに乗っていた時は、スキー場に行ってはCMさながらに雪まみれのまま車内にに乗り込んだりしたものです。
新型は、残念ながら、その気兼ねなく使い倒せる道具感が薄れた気がしました。

スバル フォレスター

良い点

・アイサイトなどの先進の安全技術が搭載されている
・スバル自慢の4WD性能による高い走破性が期待できる
・見た目もこのクラスのSUVの中では一番好み

イマイチな点

見当たらない。。

こちらも今乗っているインプレッサと同じスバル繋がりで、非常に気になる車でした。
恐らく今回の車選びでSUVを選んだ場合、間違いなくフォレスターを買っていたと思います。

ただどちらにも言える事なのですが、SUVを選択すると、ラゲッジスペースなどは多少は広くなるものの、劇的に荷物が積めるようになるとは思えませんでした。

実際、以前にエクストレイルに乗っていた時は、容量不足を補うためにルーフボックスも付けていました。

最終的に大量のキャンプ道具を積むことを考えた時に、より容量の大きなミニバンと言う選択になったわけです。

それに子育て中の身としては、スライドドアが便利そうだと思ったのもSUVを諦めた要因でもあります。

ただ、ウィンタースポーツやキャンプが趣味の私としては、どこでも走れる4WDにはやはり憧れがあります。

今回は初めてFFの車を購入しましたが、色々な制約から解き放たれたら、きっとまたSUVに乗りたいと思うようになると思います。

やっぱりアウトドアにはゴツい4WD車が似合いますよね。

今回は見送りましたが、また数年後車を買い替える時に、SUVが似合う立派なキャンパーを目指したいと思います!