子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

ホンダ新型フリード試乗レポート

スポンサーリンク

次の車選びもいよいよ終盤に入ってきました。

 

残っている候補はトヨタのヴォクシーとホンダの新型フリードの二台に絞ったのですが、よく考えたらまだフリードには試乗したことがありませんでした。

 

キャンプ道具を満載にした時、今の車ではパワー不足だと感じているので、試乗もせずに車を買う訳には行きません。

 

そこで、先日見積もりをお願いしたディーラーで試乗をさせてもらう事にしました。

 

早速ホンダのディーラーへ

 今回はまだフリード+の実物を見たことが無い嫁も同伴で、家族全員でお店に向かいました。

今商談をしているホンダのお店には、3列シートのフリードガソリンモデルと、2列シートのフリード+ハイブリッドモデルの二台の試乗車が用意されていました。


当然試乗するなら購入を検討しているガソリンモデルに乗りたいのですが、嫁にもフリード+の室内空間を見てもらいたかったので、両方揃っている時間にお店に伺い、一緒に見せてもらう事にしました。


まずはフリード+の内装を嫁と二人でチェック。


幅、全長は今乗っているインプレッサよりも短いのに、広々とした室内はとても快適そうです。

f:id:copucohana:20170313084624j:plain


一番気になっているポイントとして、ラッゲジスペースに持っているキャンプ道具が全て収まるのか?と言う不安があったのですが、アンダーラゲッジスペースも含めると、かなり広い空間!、これなら問題なく荷物が積めそうです。

f:id:copucohana:20170313084605j:plain

頭の中ではすでに、「寝袋はここに積んで・・・クーラーボックスはここだな・・・」などの妄想が始まっています。


あと気になるのは走行性能。

今乗っているインプレッサ(1.5Lエンジン)は、キャンプ道具を満載にすると、上り坂などでは驚くほど前に進みません。


以前、スバルのディーラーに行った時、営業マンから「昔のインプレッサと比べると、今の型は同じ1.5Lエンジンでもパワーがあって良く走りますよ」と言われた事がありました。

確かに9年も経つと技術の進歩も凄いでしょうね。

このフリードは、インプレッサと同じ1.5Lエンジンながら、130馬力を発生するエンジンが搭載されています。
(インプレッサは110馬力)

車重も4WDで重いインプレッサとほとんど同じなので、この20馬力の差はデカいと思います。

実際には荷物を多く積む事を考えると、トルクの方が大事なんですけどね。


130馬力と言うと、ノーマルのハチロク(AE86)と同じですもんね。

と、言う事はドライバー次第では、GT-RやFD3Sにも負けない訳ですね・・・
(↑マンガの読みすぎです)

フリードガソリンモデルに試乗

前置きが長くなりましたが、いよいよ試乗です。


比較対象がインプレッサなので当然ですが、目線がかなり高くなり視界は良好です。

また全体的に四角いシルエットなので、車幅感覚なども掴みやすいです。


今回は家族全員と助手席に営業マンも乗っている為、重量はキャンプ用品を満載にした状態に近いと思います。


まずはエコモードで発進してみましたが、パワー不足は全く感じません。

ただエンジン音が少し大きくて、音もやや安っぽいのが気になりました。

インプレッサに搭載されているスバル自慢の水平対向エンジンは何気に良い音出すんですよね~。

またステアリングも実家の軽自動車並みに軽くて、少し不安になるぐらいでしたが、女性でも運転しやすい事が売りのファミリーカーなのでこんなもんですかね。


次にエコモードを解除して、停止状態からアクセルと強めに踏み込んでみると、非常に力強い加速を見せてくれました。

音はさらに大きくなりましたが、これだけ走れば何の不満もありません。

むしろテンションが上がりました。


営業マン曰く、「ホンダはF1などにも参戦しているので、パワーに関してはこだわりがあります」との事でした。

なるほど、確かにレースの世界では『パワーのホンダ』と言われるぐらい有名ですもんね。
(最近のニュースをみると、ドライバーからパワーが無いって苦情が出てるみたいですが・・・)


燃費に貢献するアイドリングストップ機能については、やたらめったら作動する訳では無くて、ブレーキを踏んで停止した後、さらにブレーキを踏み足す事によって作動する為、エンジンを停止させたくない場合は、自分で調整する事も出来ます。


渋滞中やすぐに信号が青になりそうな状況で、勝手にアイドリングストップされるとストレスが溜まる所ですが、この機能があれば自分で意識して操作出来そうです。


この機能には非常に好感が持てました。


あと試乗で大事な取り回しの部分ですが、高い目線とスクエアな車体の組み合わせのおかげで、狭い道でもなんの苦もなく運転することが出来ました。


これならペーパードライバーの嫁の練習用にも良いと思います。

 

試乗車にはバックカメラや電動スライドドアなどの快適装備も付いていて、どちらも未体験の私としては、まるで未来の車のようでした。


試乗した結果、不満は全くなく非常に良い車だと思いました。


荷物もしっかり積めそうで、パワーも申し分なし。
さらに快適装備も充実している上に、もう一台の候補であるヴォクシーよりも40万以上安く買える。


これはもう…

この時、私の頭の中で何かが切れる音がしました。(来週に続く…的な)

とりあえずお店の中に入って営業マンと色々話してみる事にしました。