子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

意外と簡単!ドライブレコーダーを自分で取付(配線を見えないように隠す)

スポンサーリンク

以前、ドライブレコーダの購入を検討していると言う記事を書いて以来、なんとか自分で取付け出来ないかと色々調べていました。

一応カー用品店や、車を買ったディーラーなどにも取付けの相談してみたのですが、やはりドライブレコーダー本体の価格に比べて、工賃が割高なような気がして、今回思い切って自分で取付けを行ってみることにしました。

f:id:copucohana:20180115230557j:plain


今回行ったのは、シガーライターソケットから電源を取り、配線だけ見えないように隠すと言う一番簡単な方法です。

 

ちなみにこれと同じ内容で、ホンダディーラーにドライブレコーダー持ち込みで取り付けだけをお願いした場合、工賃だけで10,800円と言われました。

実は会社の車に詳しい先輩に事前に相談した所、過去に同じような作業をやっていて、プラスチックのパーツを割ってしまったので、新車ではやらない方がいいよと言われていました。
そんな話を聞いてしまうと、一気に不安になり、一番安心できるホンダのディーラーに取付けだけお願いしようと見積もりを出してもらったのですが、工賃だけで10,800円はさすがに高いので、最悪割ってしまうかもしれないという覚悟を持っても、自分で取り付けてみる気になりました。

なので、この記事を読んで、もし自分でやってみようと思った方がいましたら、くれぐれも自己責任でお願いします!


それでは取付け方法を紹介して行きます。

 

作業方法を検討

インターネットなどで調べると、取付けの様子などが動画で紹介されていましたが、そのほとんどが電源裏取りと呼ばれる、ヒューズボックスなどから電源を取る、専用の道具も必要で難易度が高そうな作業の物ばかりでした。

自分で動画をUPしちゃうぐらいなので、みなさん元々かなりの知識があるんでしょうね。

せっかく紹介してくれているのに、初心者にはちょっと手が出せない内容だなと思いました。


そこで今回は、ドライブレコーダーに付属している、シガーライターソケットで電源を取り、配線だけを目立たないように隠すと言う、一番シンプルな方法を選びました。

 

用意するもの

用意するものはたったのこれだけ。

f:id:copucohana:20180115230734j:plain

・ドライブレコーダー本体
・配線ガイド
・結束バンド
・窓ふきシート

配線ガイドは針金みたいな棒の先にケーブルを通すための輪っかが付いていて、自在に曲げたり出来るようになっているので、手が入らないような狭い隙間に配線を通す時の必需品です。

f:id:copucohana:20180115230837j:plain

カー用品店で500円ぐらいで買ってきました。

 

結束バンドは元々ある配線とドライブレコーダーの配線をまとめる為に使います。

 

あとはドライブレコーダーをしっかり取付けるために、窓ふきシートで事前に窓を綺麗に磨いておきましょう。

 

ドライブレコーダーはKENWOOD製のDRV-630と言うモデルを選びました。

f:id:copucohana:20180115230935j:plain

 

工賃が浮いたので、奮発して高画質なモデルを選んでみました。

 

同梱物はこんな感じです。

f:id:copucohana:20180115231116j:plain

・マイクロSDカード(16GB)

・取付用ブラケット

・ドライブレコーダー本体

・電源ケーブル

 

とりあえず買ってきてシガーライターから電源を取れば、すぐに使えるセットになっています。

 

内装(Aピラー)を取り外す

まずは配線の通り道を確保する為に、Aピラーを取り外して行きます。

最初にして最大の難関です。

まずはドアの開口部にあるゴムの部品を外して行きます。

f:id:copucohana:20180115231608j:plain

これはゴムで挟まっているだけなので、手で引っ張っただけで簡単に取れました。

f:id:copucohana:20180115231622j:plain

 下の写真のように、Aピラーの下部まで外せばOKです。

 f:id:copucohana:20180115235153j:plain

 

戻す時も手で押し込むだけで簡単に元通りになります。

 

次にAピラーを外して行きます。

(最初に写真を撮り忘れていたので、順番が前後しています)

↑また明るい時間に写真を撮って、修正する予定です。

 

先程のゴムを取り外して出来た隙間に手を入れて、少し強めに引っ張れば、プラスチックの留め具が外れます。

4箇所すべての留め具を外した後、上に持ち上げると簡単にAピラーが取り外せました。

f:id:copucohana:20180115231755j:plain


心配していたプラスチックパーツの割れなどはありませんでした。

新車で買ったばかりなので、プラスチックが劣化していないのが良かったのかも知れませんね。

あとグローブボックスの下部にも、配線を隠すためのカバーが付いているのでこちらも事前に取り外します。

f:id:copucohana:20180115231855j:plain

これは端を持って下に引っ張るだけで簡単に取れました。

 

これで下準備は完了です。

 

配線ガイドを使って配線を隙間に通す

無事にAピラーの取り外しが終わりましたが、現れた隙間はシガーライターソケットが通る程広くはありません。

 

ここで配線ガイドの出番です。

f:id:copucohana:20180115230837j:plain

 

配線ガイドを少しずつ伸ばしながら、上部から隙間に差し込んで行きます。

f:id:copucohana:20180115232351j:plain

 

途中何度か引っ掛かりますが、角度を変えながら抜き差しを繰り返して行くと、足元に配線ガイドの先端が現れました。

f:id:copucohana:20180115232407j:plain

 

この輪っかに電源ケーブルの先端を引っ掛けて、上から配線ガイドを引き抜くだけ。

f:id:copucohana:20180115232559j:plain

 

見事配線の一本釣りに成功しました。

 

あとはこのケーブルを、ドライブレコーダーの設置位置まで引っ張るだけです。

 

天井部分は指で天井裏の隙間にケーブルを押し込むだけなので簡単でした。

 

ピラーの部分は綺麗に収める為に、元々ある配線にドライブレコーダーのケーブルを結束バンドで固定しました。

f:id:copucohana:20180115233005j:plain

(あとで微調整が出来るように、緩めに締めるのがコツです)

 

余ったケーブルは、足元で束ねてこちらも結束バンドで固定しました。

 

あとは外したカバーを元に戻すだけですが、こちらも穴の位置を合わせて、手でトントンと軽く叩くだけで簡単に元通りになりました。

 

本体は両面テープで簡単取付け

最後にドライブレコーダーをフロントガラスに両面テープでしっかり固定すれば完成です!

f:id:copucohana:20180115230557j:plain

 

事前に取り付け部分の汚れや油膜を取るのを忘れずに。

 

まとめ

作業時間はトータルで30分程度でしたが、特に難しい技術も必要なく、意外と簡単に出来てしまいました。

(たったこれだけの作業でディーラーは1万も取るのか・・・)←心の声

それでも、内装を一度取り外して配線を通したりと、初めて経験する作業も多かったので、完成した時はとても満足感がありました。

  

今度の休日にでも、動作確認も兼ねてドライブに行ってみたいと思います!