子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

ドライブレコーダーの購入を検討中

スポンサーリンク

フリードの購入時、オプションなどは悩みに悩んで購入し、スタッドレスタイヤも無事に付ける事が出来て、しばらくはカー用品を買わなくて済むと思っていたのですが、最近また欲しいものが増えてしまいました。

 

それが『ドライブレコーダー』です。

 

新車購入時にも付けようか迷っていたのですが、最近のニュースなどを見ていると、記録をきちんと残すために、やっぱり付けておいた方が良いかなと思うようになりました。

また、これから運転を始める嫁の為にも、ドライブレコーダーを付けている方が安心かと思います。

純正品はナビにも連動可能

フリードを購入した時にはあまり深く考えていなかったのですが、ドライブレコーダーを検討する為に、久しぶりにホンダのオプション品カタログを見てみました。

すると何種類かドライブレコーダーの掲載があり、中にはカーナビと連動してナビの画面に録画した映像を流せるモデルもあるようです。

 

しかし残念ながら、私が付けているカーナビではナビ連動のシステムが使えない事がわかりました。

 

最初はドライブレコーダーの購入自体考えてなかったので、そこまで考えてナビを選んでいなかった事が仇になりました。

 

ナビ連動でないタイプもあるにはあったのですが、社外品に比べるとやっぱり価格の割には性能がイマイチのように感じたので、社外品の購入を検討する事にしました。

 

社外品は種類も機能も豊富!

さっそく休日にカー用品店に足を運び、色々とドライブレコーダーを見てみる事にしました。

 

そこはさすがにカー用品店、様々な種類のドライブレコーダーがズラリと並んでいました。

 

ドラーブレコーダー単体のモデル、高画質なモデル、駐車中の振動などに反応して録画を開始するモデル、レーダー探知機と連動して使えるモデルなど、本当に色々な種類のドライブレコーダーがありました。

 

これだけあると悩んでしまいそうですが、上を見るとキリがないので、当初の目的である、運転中の録画だけ出来るシンプルなモデルで検討する事にしました。

 

そうすると価格的に2万円も出せば、高性能なモデルが買えることがわかりました。

 

取付工賃が意外に高い

ドライブレコーダーはシガーライターソケットから電源を取れば、それだけですぐに使えるのですが、フロントガラスにぶら~んとケーブルが垂れ下がってしまうのは、いくらなんでもみっともないですよね。

 

それを避けるためには、配線を内装の裏側に這わせる必要があるのですが、内装を剥がしたりするのは意外と大変そうだし、傷つけてしまいそうで何となく不安ではあります。

 

当然工賃を払えばお店でキレイに取り付けて貰えると思うのですが、工賃が高いのがネックです。

 

例えば、ヒューズボックスから電源を取る方法の場合は、工賃だけで6,000円以上取られるようです。

 

ドライブレコーダーの本体の値段を考えると、工賃はものすごく高いですよね。(そこで儲ける仕組みになっているのかもしれませんが)

 

DIYでの取付けを検討

インターネットで調べてみると、ドライブレコーダーの取り付けの様子などが多数UPされていました。

 

ヒューズボックスから電源を取る方法は、手順も多いしそれなりの工具も必要なので難易度が高そうなのですが、シガーライターソケットから電源を取る方法であれば、内装を少しだけ外して配線を裏側に這わせるだけなので、なんとか自分でも出来るような気がしました。

 

車ブログとか書いてる割には知識が乏しいし、新車で買ってまだ7ヶ月ぐらいなので、あまり無茶はできませんが、これぐらいは自分で出来るようになりたいです。

一回ぐらいボロい中古車を買って、自分で色々イジッて勉強してみるのも良いかも知れませんね。