子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

雪道も走る私がフリードプラスの4WDモデルを選ばなかった理由

スポンサーリンク

最近寒くなってきて、そろそろウィンタースポーツの準備を始めようかと思っている今日この頃。

 

以前記事には書きましたが、フリードにはすでにスタッドレスタイヤを装着済みです。

 

www.kuruma-days.com

フリードを購入する時にも、納車されたら夏はキャンプに、冬はスキー場にとバンバン使い倒す予定だったのですが、今回は敢えて4WDモデルは選びませんでした。


独身時代はキャンプ以上にスノーボードにハマっていて、4WDの車が必須だと思っていた私が、FFモデルを買った理由とは・・・

 

フリードプラスのFFモデルと4WDモデルの違い

今回の車選びで最後まで悩んだのが、FFにするか4WDにするかと言う所でした。

 

雪道を走る事を考えると、価格が高くなったり燃費が悪くなったとしても、4WDを選ぶべきなのですが、私が購入したフリードプラス(FREED+)の場合、価格や燃費以上にネックとなるポイントがあったのです。

 

それがフリードプラスの最大の特徴でもある、ホンダが得意とする低床設計を最大限に生かした、アンダーラゲッジスペースが狭くなると言う問題です。

 

f:id:copucohana:20170520141606j:plain

↑この部分が狭くなる。

 

このスペースだけで、家族全員分の寝袋やテントなども余裕で収まってしまう為、キャンプに行く時にも大変便利なスペースなのですが、4WDモデルの場合、後輪にも駆動力を伝えるために、床下部分にドライブシャフトが必要となる為、最低地上高を確保しようとすると、どうしてもこのスペースを削らなくてはならない訳です。


商談中は結局最後まで4WDモデルの実物を見る事は叶わなかったのですが、カタログを見る限りでは、FFモデルの半分ぐらいしか容量が無い感じでした。

 

せっかく三列目のシートを無くしてまで手に入れたスペースが狭くなるのは、何となくもったいない気がしたので、今回は人生で初めてFF車を購入しました。

 

とは言え、やっぱり雪道は不安・・・

結果として広大なラゲッジスペースも手に入り、価格も安くなって燃費も良いので、今の所は言う事無しなのですが、一番不安である雪道を走る日もそう遠くなさそうです。

 

雪道を走ったらその結果もしっかりとレポートしたいと思います。