子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

自動車保険の更新時期がやって来ました

スポンサーリンク

納車前に自動車保険の契約車両の変更手続きをして、まだ半年ぐらいですが、自動車保険の更新時期がやってきました。


当然継続の予定なのですが、今までは運転者を本人限定にしていたので、現在ペーパードライバー講習で奮闘中の嫁の為に、契約内容の見直しを行いました。


また新品の間だけと決めて追加しておいた車両保険についても、今回継続するか検討しました。

 

運転者の範囲の変更

まずは運転者の範囲の変更です。
今までは本人限定(私だけ)対象にしていた所を、本人+配偶者に変更を行いました。

その結果、年間の保険料で1,000円ほどアップになりました。

もっと高くなるかと思っていたので、意外と安くて安心しました。

二人とも年齢区分が30歳以上なのも大きいのかも知れません。

これで嫁が運転するようになっても安心です。

 

車両保険はどうするか?

次に車両保険を継続するかどうかについても検討を行いました。

車両保険は最初だけ付けておいて、しばらくしたら外す予定でしたが、外すタイミングって難しいですね。

新車で買ってまだ半年のピカピカな車を見ると、今回はまだ外す気になれませんでした。

 

こちらは付けた場合と付けなかった場合で、3万円ほど差が出ましたが、万が一廃車になったりした場合でも、新車が戻って来る事を考えて、今回までは付けておくことにしました。

加入している車両保険は地震や津波などの天災もカバーしてくれるタイプなので、その点を考えても入っておくと安心です。

 

今回、嫁が運転することを見越して、運転者の範囲変更などを行ったのですが、その変更に伴う料金のUPについては、たったの1,000円程度で済みました。

これぐらいで済むのであれば、もっと早く運転出来るようにしておいて、どんどん練習させておけば良かったかも知れません。

 

自動車保険は通販型が便利

我が家では通販型自動車保険の『ソニー損保』の自動車保険に加入しているのですが、インターネットから自分で見積もりが作れるので、料金の比較などをする時にもとても便利です。

補償内容も細かく自分で設定出来るし、内容を変更した場合の差額などもすぐに分かるので、自分に合った保険を自分で作ることが出来ます。

事故は起こしていないので、事故対応の評価までは出来ませんが、評判はなかなか良いみたいです。

何より通販型は料金の安さも魅力的ですよね。

 手続きもパソコンからあっと言う間に完了する事が出来ました。

 

これでまた一年、安心してフリードでのドライブを楽しめます。