子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

自動車保険の切替 初めて車両保険に加入してみました

スポンサーリンク

3月に契約したフリードの納車日がいよいよ今週末に迫って来ました。


すでに必要な書類は全て提出し、先日お金も振り込んだので、あとは納車を待つばかりなのですが、忘れてはならない大事な作業が残っています。

それが自動車保険の切替です。


自動車保険はあくまでも任意保険ですが、個人的には必須だと思っています。

 今回、自動車保険の切替をするのと同時に、保証内容の見直しも行いました。


新車の購入となると、一番迷うのが車両保険を付けるかどうかと言う所。

 

車両保険は必要か

車両保険って何?って人向けに簡単に説明すると、通常の保険の場合は事故を起こした際に、対人や対物など迷惑をかけた相手に支払うお金を保証するものですが、車両保険は自分の車の保証になります。

保証の内容にもよりますが、単独事故で車を傷付けたりした場合に、その修理代を保証するものです。

私は今までずっと新車を乗り継いできましたが、車両保険には入った事がありません。

それは何故かと言うと、運転に自信があるから!とかではなくて、単純に車両保険を付けると保険料が一気に高くなってしまうからです。

でも付けれるものなら付けたいと言うのが本音なので、今回車両保険を付けた場合の差額を確認しました。

今加入している自動車保険は、ソニー損保の通販型自動車保険なのですが、インターネットで簡単に見積りが確認出来てとても便利です。


車両の変更と車両保険を付けた場合の差額を確認してみると、なんとその差額はたったの8,000円程度でした。
(残りの保証期間が半年だったので、年額だと16,000円程度かな?)

しかもこの金額は、自損事故などはカバーしないエコノミー型ではなく、自損事故、災害などでも補償される保証内容が充実した一般型の方での金額です。


たったこれだけの金額で、車両保険が付けられるのであれば、付けない手はありません。

そんな訳で、人生で初めて車両保険も付けてみました。


ただ新車でピカピカの時だけ何かあったらショックなので加入しましたが、1~2年経ったら車両保険は外す予定です。

フリードに変えて保険料が安くなった

今回、保険料が安かった原因は、現在の等級が最高の20等級である事。

それに運転者を30歳以上で本人限定にしているなど、色々と理由がありましたが、調べてみると車がインプレッサからフリードになった事でも、年額で1,200円ほど保険料が安くなっていました。

同じ排気量でもボディータイプでこんなに変わるものなんですね。


一応インプレッサもスポーツモデルなのでそれなりに事故が多いのかも知れませんね。

車も新しくなるし保険料も安くなって良いことづくめです。


通販型自動車保険は、最初に自分で保証内容などを確認しながら決めて行くのが面倒ではあるのですが、やっぱりその安さは魅力ですね。