子連れキャンパーの車選び

ホンダ フリードプラス(FREED +)を買うまで、買った後の記録

ルノーカングーの限定カラーが発売! フリード+とのガソリン代比較

スポンサーリンク

先日から『トヨタ ヴォクシー』、『ホンダフリード+』の商談を立て続けに行い、もうどちらかに決めてしまおうと思っていた所ですが、なんとルノーカングーから限定車が出るらしい!
⇒『マルセイユの青い海にインスパイアされたカングークルール登場』

カングーは定期的に新色を限定車として販売しているので、そんなに珍しい事でもないのですが、今回発売されるブルーはなかなか良さそうです。

 

一応、候補として挙げているカングーですが、車両価格は他の候補と同じぐらいとは言え、国産車と比べるとやはりスペックや装備は貧弱、また輸入車でしかもハイオク仕様のカングーは維持費の面でも費用がかかりそうな気がします。

でも、実際にガソリン代の差額などを試算してみると、それほど大きな差が無いことがわかりました。

カングーの実燃費予想

これは個人的な勝手な試算なのですが、カングーの実燃費予想が10km/Lぐらいだとします。

私の年間走行距離は、ここ数年の実績からすると、5,000kmぐらいなもんです。
(通勤に使わないと意外と少ないです)

ハイオク1Lが150円で計算すると

5,000km ÷ 10km/L × 150円 = 75,000円(年間のガソリン代)となります。

フリードの実燃費予想


一方、今の候補車の中で一番燃費が良さそうなフリードを実燃費予想15km/Lで試算してみます。

レギュラーガソリン1Lが140円で計算すると

5,000km ÷ 15km/L × 140円 = 約46,700円(年間のガソリン代)となりました。
年間で、約28,000円の差となる事が解りました。

これを意外と安いと考えるか、高いと考えるかで今回の車選びにも影響してきそうです。

ただ輸入車の場合、車検やオイル交換なども割高になりそうなイメージはあります。

それに何と言っても気になるのが、輸入車の故障リスクです。

故障となると、ガソリン代の差どころの話ではなくなって来ますからね。

こんな色々な事を考えて、今回カングーは候補から外す予定でしたが、車を決める寸前のこの時期に新型車の発表があったのも何かの縁かも知れません。

時間があれば、ルノーのお店でもカングーの商談をしてみたいと思います。